化粧水で美白を目指したい場合の注目成分

subpage01

スキンケアの中で利用する化粧水は毎日、利用する用品です。


だからこそ、そこに含まれている成分などにこだわることで美白に働きかけることも十分に可能です。
化粧水で美白を目指したい場合、注目しておきたい成分としてまずはアルブチンが挙げられます。
美白成分として利用されるハイドロキノンとブドウ糖を結合したものが、このアルブチンです。


ハイドロキノンは非常に強い作用が期待できるのですが、その分、刺激が強いと言うのが難点でした。

そこでブドウ糖を結合して、刺激を穏やかにしたのがアルブチンの魅力です。そのため化粧水に含まれることも多い成分です。


シミの原因であるメラニン、それを活性化させる酵素の抑制から美白に対して作用をもたらします。

化粧水の美白について考察してみましょう。

それからトラネキサム酸です。

OKWave情報を豊富に提供しています。

こちらもメラニン色素の生成を活性化させる酵素の抑制に作用があるとされています。
また女性特有のシミである肝斑の予防に対しても作用があることから、それ専用の薬に利用されることも多い成分です。
そしてプラセンタエキスです。

プラセンタエキスは、全身の美容、健康にトータルに働きかける効果が期待できる成分です。
その中でも美白に関しては、肌細胞を活性化させることでターンオーバーを促進させ、シミなどを目立ちにくくさせる作用を期待できます。



更に抗炎症作用もあるので、特に日焼けなどによる色素沈着に対しても効力があるとされています。こうした成分が含まれた化粧水を利用する際には、メラニン色素を刺激しないためにも極力、肌への刺激にならないよう、やさしく塗っていくことが求められます。